スポンサーサイト

  • 2010.05.29 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


幼稚園放火容疑で俳優逮捕=大河ドラマなどに出演―神奈川県警(時事通信)

 幼稚園のグラウンドの休憩所に放火したとして、神奈川県警緑署は26日、非現住建造物等放火容疑で横浜市緑区三保町、俳優相場貴晴容疑者(36)を逮捕した。同署によると、相場容疑者は酒に酔っており、「グラウンドでサッカーをする小学生がうるさく、いらいらしていた」などと話し、容疑を認めている。
 逮捕容疑は同日午前1時10分ごろ、自宅近くにある幼稚園所有グラウンド内の休憩所に入り、ゴミ箱にライターで火を付けて約1平方メートルを焼いた疑い。 

【関連ニュース】
47歳作業員と長女逮捕=76歳男性殺害、放火容疑
47歳男と娘を逮捕へ=76歳男性殺害、放火事件
中学生2人が放火の疑い=昭和初期の洋館全焼
焼け跡から男性の遺体=背中に刺し傷、殺人で捜査本部
放火容疑で男2人逮捕=飲食店にガソリンまく

<社長殺害>懲役20年破棄、差し戻し 証人尋問却下を批判(毎日新聞)
刑務所暴行、国に賠償命令=8900万円認める―元受刑者ら請求・名古屋地裁(時事通信)
<桂春団治さん>体調不良で検査入院(毎日新聞)
折れたブレーキレバー 交換ミスが原因 JR西(産経新聞)
官民一体の児童ポルノ対策指示=全国少年課長会議で警察庁長官(時事通信)

教員免許制を再検討、養成課程延長も…文科省(読売新聞)

 文部科学省は、教員免許制度や教員養成課程など「教員の質」に関する制度改革に取り組む方針を固めた。

 6月にも、文科相の諮問機関である中央教育審議会(中教審、三村明夫会長)に諮問する。免許制度の抜本見直しや養成課程の延長が議論される見通しだ。

 民主党は、実践的な指導力のない教員がいることは免許制度に原因があると見ている。養成課程についても、教育実習の時間が少ないことなどを問題視している。2009年の衆院選では、政権公約(マニフェスト)に「教員免許制度の抜本的見直し」「教員養成課程の6年制化」を掲げた。

 今回の諮問も、こうした問題意識に沿って行われる。具体的には、「教員の質の向上策」をテーマに、〈1〉教員志望者の養成〈2〉教員の採用〈3〉教員の研修――について、望ましい制度の検討を求める方針だ。個別の検討項目は指定しない考えだが、免許制度や養成課程が議題となる見込みだ。

 同省は答申を受け、早ければ11年の通常国会に関連法案を提出したい考えだ。

<振り落とし殺人>2容疑者を逮捕 京都府警(毎日新聞)
特許の権利譲渡書偽造、容疑で会社役員ら逮捕(読売新聞)
27日に高齢者の政治参画を考えるフォーラム(医療介護CBニュース)
消費税上げに反対=社民・福島氏(時事通信)
<事業仕分け>判定結果が法人存続に直結 第2弾 (毎日新聞)

改正臓器移植法のガイドライン案を公表―厚労省(医療介護CBニュース)

 改正臓器移植法の7月17日施行を控え、厚生労働省はこのほど、法律の運用に関する指針(ガイドライン)と関係省令の改正案をホームページ上で公表し、パブリックコメントの募集を始めた。改正法では、15歳未満の小児からの臓器提供を新たに認めているが、ガイドラインの見直し案では、虐待の疑いがある小児が死亡した場合には「臓器の摘出は行わない」と規定している。

 現行法では、▽生後6歳未満▽直腸温が32度以下―などの患者は脳死判定の対象外になっているが、改正法の施行後は対象外の年齢を「生後12週未満」にまで引き下げる。また、臓器提供に対する本人の意思が不明でも、家族が書面で承諾すれば脳死判定や臓器摘出を可能にし、小児による臓器提供を実現しやすくする。これに伴い、脳死判定を行う医師に小児科医を加えるなどの見直しも行う。
 さらに、臓器を提供したくないという意思や、脳死判定を受ける意思がないことをあらかじめ示していた場合は、年齢にかかわらず本人の意思が尊重される。
 一方で、知的障害などによって臓器提供に対する有効な意思表示が難しい場合には、年齢にかかわらず当面、臓器摘出を見合わせる。

 また、脳死判定について現行法では、1回目の判定が終了してから2回目を行うまでの観察時間を「6時間以上」としているが、新たに脳死判定の対象となる6歳未満の小児については、長期脳死になる頻度が高いため、改正法では「24時間以上」に延ばす。

 改正案についてのパブリックコメントの募集期間は、ガイドライン、関係省令共に6月5日まで。


【関連記事】
被虐待児からの臓器摘出行わず―改正臓器移植法GL案
15歳未満の脳死判定基準を明記へ―改正臓器移植法で省令改正案
6歳未満の脳死判定、間隔は「24時間以上」に―厚労省研究班案
小児臓器移植に向け省令・GL作成へ―臓器移植委員会
「虐待」判断基準をより明確に―臓器移植作業班

デリヘル事務所に強盗 店長けが 東京・五反田(産経新聞)
<穀物被害>ホルモン散布で高温障害防止 東北大チーム(毎日新聞)
徳之島3町長、鳩山首相に絶縁状「意味ない。もう会わない」(スポーツ報知)
<原爆の子>サダコの鶴NYに 9.11追悼施設に展示台(毎日新聞)
回線事業の分離案提示へ=NTT再編で14日に会合−総務省作業部会(時事通信)

<時効廃止>28日午前0時…倉敷の放火殺人、間際の適用(毎日新聞)

 改正刑訴法は28日午前0時に時効成立が迫っていた岡山県倉敷市の殺人・現住建造物等放火容疑事件にも適用された。事件は95年4月28日未明、無職、角南(すなみ)春彦さん(当時70歳)方で発生。住宅など4棟を全焼し、焼け跡から角南さんと妻翠さん(同66歳)が刺殺体で見つかった。2人の頭部は切断されていた。

 県警児島署捜査本部は恨みによる犯行とみて捜査。情報230件が寄せられ、土地の境界線や金銭を巡るトラブルの相手も浮上したが、容疑を裏付ける証拠は得られなかった。

 県警の石部秀行・捜査1課長は時効廃止を受け、「今後とも捜査に全力を傾注し、必ず検挙したい」とコメントした。また、この事件を捜査した県警幹部は「時効完成なら遺族に連絡することになっており、顔向けできないと思っていた」と明かした。一方、別の県警幹部は「書類や証拠の管理場所を確保しないと、『捜査継続』はかけ声だけになる」と懸念も示した。

 角南さんの親族で近くに住む無職、角南順造さん(79)は「時効は15年と知っていた。命日が来る度、『あと何年、あと何年』と数えた。1年を切って以降はあきらめに近い思いだった」と15年間を振り返り、時効廃止について「喜ばしい。警察は継続して捜査してくれる。一日も早く犯人を捕まえてほしい」と願いを込めた。【石戸諭、石井尚】

【関連ニュース】
時効廃止:世論の力感じた…被害者遺族ら
時効廃止:改正刑事訴訟法が施行
時効見直し:「逃げ得」もうない 改正刑訴法成立で遺族ら
時効廃止:改正刑事訴訟法が成立 即日施行目指す
時効廃止:改正刑事訴訟法成立へ 未解決事件にも適用

<殺人未遂>容疑の男逮捕 警察官にシンナーかけ火 名古屋(毎日新聞)
<事業仕分け>都市再生5事業「縮減」 JAXA施設は廃止(毎日新聞)
推理作家協会賞に飴村、貫井両氏ら(時事通信)
「どないなっても知らんぞ」 公共工事の下請け強要未遂容疑で男を逮捕 大阪(産経新聞)
丼にしたら100人分? 兵庫・香美に巨大アナゴ水揚げ(産経新聞)

支援制度、9割が「事前に知らず」=認知度向上が課題−犯罪被害者への調査・警察庁(時事通信)

 殺人事件などの被害者のうち、事件前に支援制度を知っていたのは1割にすぎなかったことが22日、警察庁の犯罪被害者支援制度に関する調査で分かった。6割が「制度に満足した」などと好意的に受け止めた一方で、認知度が低い現状が浮き彫りになった。
 同庁は2008年1月〜昨年12月、殺人や傷害、強制わいせつ事件などの被害者881人に書類を送付。回答があった395人に被害給付金や情報提供、カウンセリングなどの14支援制度について質問した。
 捜査や裁判の進ちょくを伝える「被害者連絡制度」や、警察職員が病院や実況見分に付き添う「指定被害者支援要員」など13制度について、9割以上が「被害に遭うまで知らなかった」と回答。制度を知った経緯については、約8割が「警察職員から」と回答した。 

エルトゥールル号遭難120年 トルコに友好の日本庭園(産経新聞)
「日米同盟3年持たぬ」 正論大賞・佐瀬昌盛氏が講演(産経新聞)
自民が参院選公約骨子、「責任ある政策」で対抗(読売新聞)
<火山噴火>欧州ツアーのキャンセル続出…代理店対応苦慮(毎日新聞)
詐取金でマンション購入 容疑の組員ら逮捕(産経新聞)

拳銃使用適正?男性死亡事件、警官2人を審判に(読売新聞)

 奈良県大和郡山市で2003年9月、逃走中の車上荒らしの容疑者の車に警察官が発砲し、助手席にいた男性(当時28歳)が死亡した事件で、奈良地裁が、発砲するなどした4人の警官のうち、2人について特別公務員暴行陵虐致死罪などで審判に付す決定をしたことがわかった。

 決定は14日付。

 県警監察課の今谷和也課長は「決定は残念だが、当時の拳銃使用については、適正であったと考えている」と話した。

 この事件を巡っては、男性の母親が奈良県と警察官4人に対し、約1億1800万円の損害賠償を求めて提訴したが、同地裁は今年1月、請求を棄却し、原告が控訴している。

<茨城信者に性的暴行>牧師が起訴内容を全面否認(毎日新聞)
市長派市議、阿久根市長不信任決議案を提案(読売新聞)
被爆マリア像 欧米の巡回展示へ…長崎を出発(毎日新聞)
「新しい時代の桜咲かせたい」=鳩山首相(時事通信)
午前0時の販売に長蛇の列 村上春樹さんの「1Q84 BOOK3」(産経新聞)

キャッシュカード詐取で携帯販売会社社長を逮捕(産経新聞)

 銀行の通帳とキャッシュカードを詐取したとして、警視庁捜査2課は詐欺などの疑いで、宮城県石巻市蛇田東道下、携帯電話販売会社「シスコム」社長、石母田(いしもた)豊容疑者(47)を逮捕した。同課によると、石母田容疑者は容疑を認めている。

 石母田容疑者は架空名義で30以上の口座を開設しており、昨年末から今年初めにかけ、一枚3万5千〜4万5千円でカードなどを売却していたとみられる。

 逮捕容疑は昨年12月ごろ、仙台市内の銀行で、「石田」という架空の人物を装って偽造した健康保険証などを提出、通帳1通とキャッシュカード1枚を詐取したとされる。

 同課が今年2月に犯罪収益移転防止法違反容疑で逮捕した男の供述などから石母田容疑者が浮上。詐取したカードなどは振り込め詐欺グループにわたった可能性があるという。

【関連記事】
当たりくじ券を偽造 79歳が87歳から3万円詐取の疑いで逮捕
家宅捜索で冷蔵庫から犬の死骸 詐欺罪での立件視野 
出会い系利用料名目で詐取 大阪府警容疑で5人逮捕 被害2億円か
無登録で投資勧誘の疑いで3人を逮捕 避妊具自販機の設置で 岐阜県警
「新聞の集金に来ました」と詐欺未遂 無職男を逮捕 小金井署
外国人地方参政権問題に一石

「大阪都構想」、堺市長が研究会で検討へ(読売新聞)
手配の男の身柄を確保=長崎・警官2人刺傷(時事通信)
<村本さん銃撃>「あの笑顔で帰れず残念」妻の恵美子さん(毎日新聞)
山崎さん、物資搬送ほぼ終了=コンテナ収納へ−2度目の「目覚まし曲」(時事通信)
舛添、東国原氏あす会談(時事通信)

追跡中のパトカーが衝突事故=警官2人が軽傷−警視庁(時事通信)

 8日午後3時15分ごろ、東京都豊島区巣鴨の区道で、不審車両を追跡中のパトカーが対向車線にはみ出し、前方から走ってきた2トントラックと正面衝突した。パトカーを運転していた警視庁第2自動車警ら隊の男性巡査部長(32)と同乗の男性警部補(52)が首に軽傷を負い、病院に運ばれた。トラックを運転していた男性会社員(48)にけがはなかった。
 警視庁巣鴨署によると、現場は片側1車線で緩やかなカーブ。パトカーは赤色灯をつけて緊急走行中だったといい、同署が詳しい事故原因を調べている。 

【関連ニュース】
理容店にトラック突っ込む=運転手死亡、女性2人軽傷
トラック正面衝突、2人死亡=国道で4台事故
引きずり20キロ、元運転手に一部無罪=走行車線で停車、追突受け発進
パトカー追跡中、3台衝突事故=巡査部長ら2人死亡
逆走82歳男性、高速道で事故死=トラック2台と衝突

新核軍縮条約調印 首相「大いに歓迎」(産経新聞)
シー・シェパード活動家を起訴=艦船侵入、傷害罪でも−東京地検(時事通信)
<軽度外傷性脳損傷>患者団体が労災基準適用の法改正求める(毎日新聞)
増える帰化、民団の「組織維持目標」か(産経新聞)
<山崎直子飛行士>巨大コンテナ取り付け作業開始(毎日新聞)

別の乳児白骨体も発見 プランターに遺棄の逮捕母「2年前に捨てた」(産経新聞)

 大阪市西淀川区のマンションのベランダで、乳児の遺体がプランターに遺棄されていた事件で、白骨化した別の乳児の遺体が新たに発見されたことが31日、府警への取材で分かった。白骨化した遺体について、死体遺棄容疑で逮捕されたマンション住人の無職、佐久真久仁子容疑者(37)は「2年前ぐらいに捨てた」と説明。西淀川署は現場検証し、佐久真容疑者からさらに事情を聴く。

 府警によると、乳児のものとみられる人骨が新たに見つかり、佐久真容疑者に事情を聴いたところ、遺棄したことを認めたという。

 一方、プランターに遺棄されていた乳児は男児と判明。遺体を司法解剖し、死因を詳しく調べている。

 プランターの遺体について、佐久真容疑者は「元夫に妊娠の事実を告げておらず、息子にも知られたくなかったので埋めた」と供述しているという。

 佐久真容疑者は、1月中旬に自宅トイレで出産したばかりの乳児をプランターに遺棄した疑いで逮捕された。

【関連記事】
ベランダに乳児遺体、兄が発見 母「別の男性との子」埋める
リュックの遺体は乳児! 東京・三鷹
「おれじゃない」叫ぶ“普通の父” 妻・義母・乳児殺害
スーパーで冷凍状態の乳児2遺体見つかる 愛知
娘を売り物にした母親たち 1歳女児まで餌食にした男の欲望

閉鎖的な組織風土 虐待問題で厚労省が報告書(産経新聞)
後発品使用促進に「著しく水を差す行為」―日薬が大洋薬品に要望書(医療介護CBニュース)
首相の元金庫番、力無く陳謝「力を見せたかった」(読売新聞)
6月に若者支援ビジョン=政府(時事通信)
警察庁長官銃撃事件が時効=実行役特定できず−「被疑者不詳」書類送検へ・警視庁(時事通信)

雑記帳 「国内初のクレーター」公式認定めざし論文(毎日新聞)

 長野県飯田市の南アルプス・御池山のくぼ地が、国内初の隕石(いんせき)の衝突跡(クレーター)であるとの公式認定をめざす同市美術博物館の専門研究員、坂本正夫さん(62)の論文が国際学会誌に初掲載された。

 米アリゾナ大の「隕石学と地球科学」1月号。岡山理科大などと共同で、直径約900メートルのくぼ地から採取した石英に隕石衝突の痕跡があったことを証明した。

 25年前から研究してきた坂本さんが03年に「国内初のクレーター」と発表したが、国際機関の正式な認定に至っていない。市も新たな観光資源と期待し、坂本さんは「一歩前進。今度こそ」。四半世紀の一念が、隕石をも通すか。【仲村隆】

【関連ニュース】
<クレーターの話題>NASA:月のクレーターに氷6億トン
<写真特集>クレーターも 月周回衛星「かぐや(SELENE)」
<ニュースがわかる>宇宙の「活用」 日本の戦略/1 近未来の開発
<掘り出しニュース>宇宙カボチャ、国際ステーションから地球帰還 鳥取大で種植え
<写真特集>若田光一さん 日本人初の宇宙長期滞在へ

恵みの海 つめ跡深く 津波1カ月、苦境の被災漁業者(河北新報)
<京浜東北線>線路に男性侵入、6万人影響 埼玉・北浦和駅(毎日新聞)
子ども手当 外国人タレントから疑問続々「母国に子供いてラッキー」(産経新聞)
名古屋市議会 減税条例修正案を可決 市長と全面対決に (毎日新聞)
非日常を身近に体験…東京湾の工場夜景(読売新聞)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
リンク
探偵
自己破産
モバイル ホームページ
サイドビジネス
クレジットカード現金化 還元率
情報商材
債務整理
クレジットカード現金化
クレジットカード現金化 比較
selected entries
archives
recent comment
  • 幼稚園放火容疑で俳優逮捕=大河ドラマなどに出演―神奈川県警(時事通信)
    志波康之 (01/14)
  • 幼稚園放火容疑で俳優逮捕=大河ドラマなどに出演―神奈川県警(時事通信)
    ガトリング白銀 (01/09)
  • 幼稚園放火容疑で俳優逮捕=大河ドラマなどに出演―神奈川県警(時事通信)
    オリンキー (01/04)
  • 幼稚園放火容疑で俳優逮捕=大河ドラマなどに出演―神奈川県警(時事通信)
    サキューン (12/31)
  • 幼稚園放火容疑で俳優逮捕=大河ドラマなどに出演―神奈川県警(時事通信)
    リョータ (12/26)
  • 幼稚園放火容疑で俳優逮捕=大河ドラマなどに出演―神奈川県警(時事通信)
    ゴンボ (12/17)
  • 幼稚園放火容疑で俳優逮捕=大河ドラマなどに出演―神奈川県警(時事通信)
    ばきゅら (12/09)
  • 幼稚園放火容疑で俳優逮捕=大河ドラマなどに出演―神奈川県警(時事通信)
    ポロネーゼ (12/04)
  • 幼稚園放火容疑で俳優逮捕=大河ドラマなどに出演―神奈川県警(時事通信)
    さもはん (11/26)
  • 幼稚園放火容疑で俳優逮捕=大河ドラマなどに出演―神奈川県警(時事通信)
    れもんサワー (11/20)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM